トップページ > インフォメーション > 新築住宅 進捗!
フェイスブック width=

新築住宅 進捗!


ただいま着々と進んでおります。新築戸建ての進捗状況をお伝えしていきます。

 

まず家を建てるために必要な地盤調査。

今回の土地では盛土を行っているため、地盤が少し弱くなっているのです。

そこでピュアパイル工法という地盤の改良方法を用いることになりました。

柱状改良「チュウジョウカイリョウ」とも工法が似ております。

セメントの柱で家を支えるのです。

こちらがその作業をするための重機

穴をあけつつ、棒の先端にある穴からセメントを流し込んでしまう優れものです。

さらに掘った土が上にはあがりにくく、外側の土の中へと押し込んでいく仕様になっているため

残土があまり出ず、土を処分する手間も省けてしまうわけです。

残土処理する費用というのもかなりお金がかかってしまう。

低コストでありながらもセメントミルクの強度が柱状改良の約3倍にもなります。

 

地面からスズランテープのようなものが出てフリフリしていますね。

ここが施工する場所で、深さは4m~6mまで掘っていきます。

 

この番号が書かれたいかにも重たげな袋の中にセメントが入っていて、材料と混ぜることによって強度を増していきます。

基礎より高くなってしまうとアウトなので決められた範囲でセメントミルクを流し込み

地盤を改良していくのです。

全箇所施工完了し、あとは固まるのを待ち、基礎工事に着手できます。

 

 

ご注意 レイメイコンサルティングにお任せください

ページのTOPへ